将来のトラック事情(鳥飼機工)

2021.09.14

こんにちは鳥飼機工です(^^)

台風シーズンですね‥(´゚д゚`)

ドライバーにとって道路情報と天気情報は必須科目
です。

台風が来ると橋を渡る時‥
特に海の上を渡る橋を走る時の恐怖は中々のモノですね(TT)
ピューッと吹いた時は簡単に隣の車線まで行っちゃいますからね(笑)

横転なんかを考えたら正に
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルです!


ところが、ドライバーにとってそうした恐怖が無くなる未来が、もうすぐソコまで来ているかもしれない‥


今回は「近未来のトラックはどうなるの?」というテーマについて考えてみました。

まず近未来の輸送及びトラックの予想を思い描くとトラックのEV化とトラックの自動運転この二つが思いつくのではないでしょうか。


①トラックのEV化(電動化)
地球温暖化対策などの環境問題もあり、昨年「2030年代半ばにはすべての新車をハイブリッド車(HV)か電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)にする方向で調整中」との報道が出ましたね。
これからトラック製造各メーカーでも実証実験をし量産化に向け加速しながら進んで行くと思われます。課題はどの位パワーを確保できるの?値段は高いんじゃないの?といった疑問をクリアできるかでしょうね。